会場のお下見・会場見学

もちろん 『人による』というのが前提ですが・・・

1組のカップルが会場を決めるまで

大体2~3会場ほどを見比べてみてから決める

と言われています

一口に『会場のお下見』『会場見学』といっても

やれ ドレスの試着だの

やれ 婚礼料理の試食だの

模擬挙式だの

と・・・

1時間や2時間で簡単には終わらない

どこの会場も

あの手この手と

お客様が喜んでくれること 

わくわくすること

うれしいサプライズを

次から次へと 仕掛けてきますw

会場側としては

なにしろ

数限りない 膨大な 結婚式場の中から

たった1会場

〝『ウチ』を選んで頂かなくてはならない”

わけですから

チャペルの扉が開いて

目の前には輝くステンドグラス

バージンロードを進むと

ぱんぱーぱぱーん♪ と結婚行進曲

「当日はお父様と・・・」と声をかけるプランナー

パーティ会場の扉が開くと

ついさっき何気ないプランナーとの会話で

『ふたりの想い出の曲』と告げた

まさにその曲が流れ

カーテンオープンとともに

目の前に広がる素晴らしい景色

真っ白なコックコートのシェフが登場

おふたりにご挨拶

デザートにはおふたりへのメッセージ

小さい頃から憧れのウエディングドレス

かわいいブーケを持って

ふたりでにっこり記念撮影

テンションが上がらないわけがない!!

ついつい舞い上がってしまって

アレやコレやと夢が膨らんで

もうココでしょ!!!って・・・

だけど 憶えておいてください

そこが 

大きな落とし穴 

にもなり得るということを

ふたりにとって本当に大事なこと

自分たちが一番大切にしたいこと

見落としていませんか?

足が不自由なおばあちゃんの移動は?

赤ちゃんの授乳は?おむつ替えは?

遠方からのゲストが待っているスペースは?

万が一悪天候の場合は?

・・・・

やりたいと思っていることが実現できる?

こだわりポイントは人それぞれ

必要とする条件も人それぞれ

結婚式には絶対はないし

正解は人それぞれ みな違う

私はそう思っています

だから

自分たちの『本当に大切なこと』を見失わずに

自分たちの結婚式を叶えてくれる場所を

自分たちでしっかり見つけて欲しいのです

会場が決まってから

後悔のないように

手遅れにならないように